歯を白くする方法

MENU

歯を白くする方法は大きく分けると2通り

最近はテレビに映る芸能人なんかは皆さん歯が白いですよね。
元々日本人は歯に対する意識が低いと言われていますが、ここ数年で歯を白くするホワイトニング方法に注目が集まっています。

 

あなたの周りでも歯が綺麗な人が増えていませんか?
歯を白くする方法は大きく分けると2通りあります。

 

自宅で歯を白くする方法」と「歯医者で歯を白くする方法」です。
このサイトではこの2通りの歯を白くする方法を、その具体的な方法やおすすめ商品、かかる費用など徹底的に解説しているので、少しでも歯を白く見せたいと思っている方は参考にしてくださいね。

自宅で歯を白くする方法

まず最初に自宅で歯を白くする方法のメリットとデメリットを知っておきましょう。

・メリット
費用をあまりかけずに歯を白くできる
手軽に始めることができる

 

・デメリット
効果が出るまでに時間がかかる
白さには限界がある

大体自宅で歯を白くする方法には上記のようなメリットデメリットが共通してあります。
では、具体的にどのような方法があるのか紹介しましょう。
詳細を知りたい方は、【もっと詳しく】の記事も読んでいただけば具体的なやり方や、おすすめアイテム、実際にかかる費用なども紹介しているので参考にしてくださいね。

 

市販の歯磨き粉で歯を白くする

薬局やドラッグストア、楽天やAmazonといった市販で手に入る歯磨き粉を使って歯を白くする方法です。
市販の歯磨き粉の中でもホワイトニング効果のある商品を使うことで歯を白くできますが、その多くは研磨剤によって歯の表面の着色汚れを落とすのでやりすぎには注意しましょう。

 

こびり付いた着色汚れというよりは、ホワイトニング後のケアなどその日に付着した着色汚れを落とすために効果的なのが市販のホワイトニング歯磨き粉です。

 

【もっと詳しく】
市販で人気の歯を白くする歯磨き粉を調査してみた!

重曹を使った歯を白くする方法

重曹(ベーキングパウダー)を使った歯を白くする方法です。
重曹自体はスーパーなどでも簡単に手に入れることができて、値段も安くすぐにでも実践できる方法ですが、この方法も原理は研磨剤を使って着色汚れを落とす方法なのでやりすぎには要注意です。

 

また重曹自体は市販の普通の歯磨き粉にも配合されている成分なので重曹を使ったからといって劇的に歯が白くなるか?と言われるとそれほどの効果は得られないでしょう。

 

【もっと詳しく】
重曹ホワイトニングは危険?やり方と口コミについて

ホワイトニングジェルを使って歯を白くする

ホワイトニングジェルは、研磨剤なしで歯の着色汚れを落とすことができる歯磨き粉です。研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉とは違い、着色汚れを削らずに浮かせて剥がす効果があります。

 

使い心地は市販の歯磨き粉のように発泡剤不使用の商品が多いので泡立たちません。歯の健康を考える方や発泡剤のように不安になる成分を使いたくない人におすすめの方法です。

 

【もっと詳しく】
歯のホワイトニングジェルの効果と人気商品ランキング

歯の消しゴムで着色汚れを落とす

歯の消しゴムはその名の通り、筆記用具の消しゴムのように着色汚れを削り落とします。
ダイソーなどの100円ショップでも販売されている便利グッズです。

 

イベント前の緊急時用に持っておくのにはおすすめですが、歯の消しゴムも研磨剤で擦って汚れを綺麗にする方法なのでやりすぎに注意です。

 

【もっと詳しく】
市販やダイソーで買える歯の消しゴムの口コミを調べてみた

ホワイトニングペンで歯を白くする

ホワイトニングペンは海外で人気のホワイトニンググッズです。
ホワイトニングペンは汚れを落とすのではなく、上から塗りつぶすことによって歯を白くします。なので外出前など時間がない時や、着色ではなく変色(神経を抜いたなど)している歯でも白く見せることができます。

 

ただあくまでも白く見せるだけで実際に歯が白くなっているわけではない点と、慣れるまでは綺麗に塗るのに苦労している方も多いです。
同じように塗って隠すタイプの商品に歯のマニキュアもあります。

 

【もっと詳しく】
海外で人気の歯のホワイトニングペンの使い方とおすすめ商品
歯を白くする歯のマニキュアの人気商品とその口コミ

ホワイトニングテープ

ホワイトニングテープは過酸化水素が配合されているテープを歯の表面に貼って歯を白くする方法です。
海外では一般的に取り入れられている自宅でできるホワイトニングケアですが、ホワイトニングテープに使われている過酸化水素は日本では市販できない濃度なので普通には購入できません。海外で活躍するスポーツ選手が使用している様子をSNSなどにアップしていたことから、日本でも人気になっている方法です。

 

歯の表面を漂白して白くする方法なのでホワイトニング効果に満足している人も多いです。ただ、過酸化水素は刺激の強い成分なので歯茎が痛くなったというトラブルも報告されているので使用前にはデメリットや使い方についても調べておくことをおすすめします。

 

【もっと詳しく】
アメリカでは常識のホワイトニングテープの使い方と購入方法

活性炭を使って歯を白くする方法

サバイバル番組などで炭を使って歯磨きをしている場面を見たことがある人もいると思いますが、そんな炭の効果を利用して歯を白くする方法もあります。と言っても、燃えカスを集めた炭ではなく、腸内のデトックスにも使われている活性炭のサプリメント(チャコールサプリ)に入っている粉を利用して歯磨きをするのが主流です。

 

SNSやYoutube動画などで一時期話題になった方法ですが、歯科学会などでは効果は認められていません。日本でも炭を使ったホワイトニング歯磨き粉が販売されています。

 

【もっと詳しく】
活性炭で歯を白くする方法の効果や口コミ、安全性について

 

以上が自宅で歯を白くする方法として考えられるホワイトニングケアになります。
自宅でできるケアでどれぐらい歯が白くなるのか?というと、タバコのヤニ汚れをすっきり落とすことぐらいはできます。


歯医者で歯を白くする方法

次に、審美歯科や美容歯科など歯医者で歯を白くする方法とメリットデメリットを紹介していきましょう。

・メリット
どんな歯でも白くすることができる
効果が出るまで比較的早い

 

・デメリット
白さにもよるけど費用が高い
何回か通わないといけない

歯医者で歯を白くする方法には共通して上記のようなメリットデメリットがあります。
では、具体的な方法を見ていきましょう。

歯のクリーニング

歯医者で歯を白くする方法の中でも最も手軽に行えるのがクリーニングです。
定期健診の範囲で行われるクリーニングであれば費用も1000円程度と安く、タバコのヤニ汚れなどの頑固な着色汚れも落とせて歯が持つ本来の白さになります。

 

保険適用外の自費診療のクリーニングはPMTCと呼ばれ、費用も高くなります。ただ漂白などではないので歯の白さには限界があります。

 

【もっと詳しく】
歯医者のクリーニングの料金は頻度によって違いが出る!

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは過酸化水素や過酸化尿素を歯の表面に塗布して、専用のライトをあてて漂白することで歯を白くする方法です。オフィスホワイトニングの効果や料金は塗布する薬剤やライトによって変わってきます。

 

効果は永遠に続くわけではありませんが、歯を漂白して白くするので自前の歯を活かす前提ならもっとも歯を白くする効果が高い方法と言えるでしょう。

 

【もっと詳しく】
オフィスホワイトニングの効果と料金相場&安い歯医者の特徴

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはその名の通り、自宅で行うホワイトニング方法なのですが、薬剤の購入や装着するマウスピースの作成に歯医者に行く必要があるのでこちらのカテゴリーに入れてみました。

 

方法としてはオフィスホワイトニングのように薬剤を自分で塗布してマウスピースをはめたまま一定時間放置(専用のライトも売っています)なのでオフィスホワイトニングとほぼ同じですが、ホームホワイトニングで使う薬剤はオフィスホワイトニングで使用される過酸化水素よりも濃度の低い過酸化尿素なので歯を白くする効果は弱いと言えるでしょう。

 

歯医者で使われている薬剤と同等のものを入手する方法もあります(笑)

 

【もっと詳しく】
ホームホワイトニングをする頻度やかかる費用について

セルフホワイトニング

セルフホワイトニングも自分で行うホワイトニング方法ですが、
歯医者ではなくセルフホワイトニング専用のサロンに通って歯を白くする方法です。

 

やり方自体はすでに紹介したホームホワイトニングやオフィスホワイトニングと変わりませんが、歯医者ではなくあくまでもサロンなので漂白するような薬剤は使えません。歯に塗布するジェルは自宅で歯を白くする方法で紹介したホワイトニングジェルと同じような成分で歯の表面の着色汚れを浮かせて剥がす効果があります。

 

費用は1回3000円〜5000円ぐらいかかるのでセルフホワイトニングをするぐらいならホワイトニングジェルを通販で買って歯磨きをしたほうがお得だと個人的には思います。

 

【もっと詳しく】
セルフホワイトニングに歯を白くする効果はあるの?

歯にセラミックを入れる

テレビなんかを見ていて「明らかに歯が白すぎる!」芸能人なんかがやっているのがこれから紹介する歯のセラミックです。歯のセラミックと言っても、セラミックの板を歯の表面に貼るラミネートベニアと全体的に歯を削ってその上にセラミックのクラウン(被せ物)を装着するセラミッククラウンがあります。

 

セラミックの色などは自分で選べるので歯を好きな白さにできるのが最大の特徴です。
また、基本的には元の歯を覆って白くするのでどんな歯でも白くできる方法になります。
セラミックは他の素材と比較して寿命が長くて汚れにくいのが特徴です。

 

施術をする歯科医院や歯の本数、セラミックの材質によって費用は変わりますが、口を開けた時に見える歯に限定してやったとしても数十万円は必要になるでしょう。

 

【もっと詳しく】
歯のセラミックにデメリットはあるの?
歯を削らずにラミネートベニアをすることも可能!


やったらNGな歯を白くする方法

自宅で歯を白くする方法の中には、「なんで歯が白くなるのか?」根拠がないままその方法だけが独り歩きしている場合があります。
大体は家にあるもので簡単に実践できる方法が多いのですが、中にはそれやったら逆に歯にとって良くない方法もあります。

 

つい最近も、アルミホイルを使って歯を白くする方法が話題になっていました。
やり方は至って簡単で、重曹や塩などを混ぜたものを歯に塗布してその上からアルミホイルで覆って1時間ぐらい放置するといった方法です。

 

重曹は確かに研磨性が高いので歯磨き粉にも使われていますが、アルミホイルを上から被せただけでどうやったら歯が白くなるのか?意味不明ですよね。

 

一体どこの誰が言いだしたのかわかりませんが、こういった間違った方法が数多くあります。
ただ本当かどうか気になる気持ちはわかります。笑

 

では、実際にアルミホイルで歯を白くする方法を試してみたらどうなるか?
自分では1ミリもやる気にならないのでこんな場合はYoutuberに体を張ってもらいましょう。
「アルミホイルで歯を白くする方法」で検索したらすぐに出てきました。

 

 

いや、試すまでもなくこうなりそうですがこれがYoutuberですからね。
こんな風にやってみたらすぐにわかりますが、もっともらしく記事になっていると信じてやってみようと思う人もいるかもしれないので、根拠のない歯を白くする方法に惑わされないようにしましょう。

 

その他にもやったらNGな歯を白くする方法はたくさんあります。

 

【NGな方法のまとめ】
苺を使って歯を白くする方法
お酢を使って歯を白くする方法
バナナの皮を使って歯を白くする方法

歯が黄ばんでしまう原因について

毎日しっかり歯を磨いているのになんで着色汚れが付くんだろう・・・。
こう思っている人も多いのではないでしょうか?

 

歯が黄ばんでしまう原因については主に外部からの汚れによる着色汚れと、神経を取るなどしてが徐々に黄ばんでしまう内部からの変色があります。

 

歯の変色はすでに紹介したように歯医者でないと歯を白くできる可能性が低いです。
一方で着色汚れであれば、タバコによるヤニ汚れでも綺麗に落とせます。

 

落とすのも重要ですが、できるだけ着色汚れを避けるのも白い歯を長持ちさせる方法です。そのためには日常で歯の黄ばみの原因となるステインの付着を避ける生活習慣を身に付けましょう。

 

【もっと詳しく】
歯の黄ばみの原因となるステインとは?
歯に着色しやすい食べ物や飲み物まとめ
白くなった歯を保つための生活習慣とは?

歯を白くする方法の人気記事BEST5

今大人気の汚れを浮かせて落とすことで歯を白くするホワイトニングジェルの通販人気商品の特徴や価格をランキング形式で紹介している記事です。歯を白くするだけではなく着色汚れを付きにくくする予防の役割もあるので1本持っておくと便利ですよ!

 

歯の黄ばみや着色汚れの原因となるステインが付着しやすい食べ物や飲み物をタイプ別に紹介している記事です。口に入れないことは不可能だと思うので歯に着色しにくくする対処法も合わせて紹介しています。

 

ドラッグストアや薬局など市販で手軽に購入することができるホワイトニング歯磨き粉の効果や人気商品をランキング形式で紹介しています。
歯を白くするために普段使いでどんなアイテムを取り入れるのがいいか知りたい方は参考にしてくださいね。

 

歯医者でするオフィスホワイトニングはどれぐらい歯を白くすることができるのか、また料金はいくらぐらいかかるのか、美容歯科や審美歯科の料金相場を調べてみました。お金のかかるオフィスホワイトニングですが、できるだけやすく施術を受けたい方は参考にしてくださいね。

 

傷付いた歯の再石灰化を促すトリートメントをすると虫歯予防だけでなく、歯の表面が滑らかになるのでツルツルと輝いた歯をゲットすることができます。そんな歯のトリートメントの方法や値段、市販でできる商品について調べてみた記事です。

 

 

 

更新履歴