歯 着色 食べ物

MENU

歯に着色しやすい食べ物や飲み物はたくさんある

歯の黄ばみの原因となるステインが付着しやすい食べ物というのが歯に着色しやすい食べ物や飲み物ということができますが実はたくさんあります。

 

このような歯に着色しやすい食べ物や飲み物を避けて生活することはできないでしょう。
では、どんな食べ物や飲み物が歯に着色しやすいのか?タイプ別に紹介していきましょう。

歯に着色しやすい飲食物その@色の濃い食べ物や飲み物

見た目そのままなのですが、色の濃い食べ物や飲み物は歯に着色しやすいです。
このような食べ物や飲み物は着色性食品と呼ばれています。

 

では、色の濃い食べ物や飲み物ってどの程度のことをいうの?と疑問に思うでしょう。
歯に着色しやすい色の濃い飲食物の判断は、「唾液の色が変わるかどうか?」が目安となります。食べたり飲んだりした後に、唾液の色がその飲食物の色になる場合は注意が必要です。

≪色の濃い飲食物の例≫
コーラ・コーヒー・赤ワイン・カレー・調味料(ソース、ケチャップ)etc

 

歯に着色しやすい飲食物そのA着色性補助食品

着色性補助食品とは何か?というと、着色性補助食品の飲食物を食べたり飲んだりしても歯に着色することはありませんが、着色性食品と一緒に摂取をすることでより着色しやすくさせるものです。酸性の飲み物や食べ物がこの着色性補助食品と言われています。
理由は酸が歯の表面を溶かすことによってステインが付着しやすくなってしまうからです。

 

また、酸によってエナメル質が溶けてしまうと元々黄色っぽい色をしている歯の内部の象牙質の色が歯の表面から透けてしまうことによって加齢による歯の黄ばみのような色になってしまうので酸には要注意です。酸性の飲食物を大量に摂取していると、歯が黄色くなるだけでなく穴が開いて虫歯のようになる酸蝕歯となる可能性もあります。

≪酸の強い飲食物の例≫
スポーツドリンク・炭酸飲料・お酢・柑橘系果物・クエン酸飲料etc

 

歯に着色しやすい飲食物そのBポリフェノール

ポリフェノールは抗酸化作用があって美容や健康に良いと話題になっていますが、実はその裏で歯に着色しやすい成分なので注意が必要です。このポリフェノールは歯の黄ばみの原因の記事でも紹介した唾液に含まれるたんぱく質、ペリクルと結びつきやすい成分なので歯に着色しやすいのです。

 

【参考記事】
歯が黄色くなる原因ステインとは?

 

≪ポリフェノールを含む飲食物の例≫
ワイン・チョコレート・そば・お茶・大豆食品・緑黄色野菜etc

歯に着色しやすい食べ物や飲み物への対策

歯に着色しやすい食べ物や飲み物を紹介してきましたが、たくさんありますよね。
これらの飲食物を避けて生活するのは困難だと思います。

 

ステインが歯に付着しにくくするためには小まめな歯磨きが重要です。
例えば、外出先で歯磨きをするのが難しいという場合は口をゆすぐだけでもいいです。
何もしないよりかは少しでもステインの付着を防ぐことができます。

 

大事なことはステインを沈着させないことです。
沈着していなければ普段の歯磨きでも十分に落とすことができるでしょう。

関連ページ

歯の黄ばみの原因となるステインについて
歯の黄ばみや着色汚れの原因と言われているステインが一体どういうものなのか?どういったシチュエーションで歯に付着するのか?という点について紹介しています。