歯 セラミック デメリット

MENU

歯のセラミックはどんな歯も白くできるの?

神経を抜いた歯や加齢による歯の黄ばみなど通常のホワイトニングではどうしても白くすることができない歯の内部が原因となっている歯の変色でも白い歯を手に入れることができる方法がセラミックです。

 

セラミックというのは治療自体ではなく、材料のことで、セラミックを用いて歯を白くする方法のことがよくセラミックと呼ばれています。
歯のセラミックはどんな歯も白くする方法!デメリットはあるの?

 

実際に歯を白くする方法としてはセラミックを用いた以下の2つです。

 

・ラミネートベニア

ラミネートベニアは歯の表面を薄く削り、その上にセラミックの板を貼るイメージとしては付け爪のようなものです。最近では削らないラミネートベニアもあって詳しくは「ラミネートベニアの費用と削らないことができる方法」こちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてくださいね。

 

・セラミッククラウン

セラミッククラウンは歯の表面を全体的に削り、その上に土台を入れセラミックのクラウン(被せ物)を装着して歯を白くする方法です。使われるクラウンは金属を使用するメタルボンドと全てをセラミックで作ったオールセラミックがあります。

 

 

セラミッククラウンに関してはただ歯を白くしたいという場合以外にも、虫歯になって
歯にしないといけない状況になった時や歯の詰め物が取れた時などにも利用されます。
透明感のある自然な白さに仕上がるというのがセラミックの良いところです。
詰め物は「インレー」被せ物は「クラウン」と呼ばれます。

 

歯のセラミックのメリット

歯を白くするということを考えればセラミックの最大のメリットは見た目の白さです。
実際に使っている人であればよくわかると思いますが本物の歯を区別が付かないぐらいです。
お金に余裕のある人は歯を全て削ってすべての歯をセラミッククラウンにするほどです。
寿命が長く、汚れにくい、歯茎が変色しないという点もセラミックのメリットです。

歯のセラミックのデメリット

歯のセラミックのデメリットはなんといっても値段が高いことでしょう。
値段については後述しますが、1本だけならまだしも、歯全体を白くしたい場合にはちょっと費用がかかりすぎるのであまり現実的な方法とは言えません。
また、ある程度は丈夫な素材ですが硬度が高いので割れてしまう可能性もあります。

歯のセラミックの値段は?保険は使える?

歯のセラミックの値段は保険適用外の自由診療になるので料金は歯科医院によって違います。
また使用するセラミックにも純度や種類がありそれぞれ値段が違います。
なので値段にはかなり幅があるのですが、大体の目安で言えば、

 

セラミックインレー(詰め物)1歯3万円〜5万円
セラミッククラウン(被せ物)1歯8万円〜15万円

 

これぐらいの値段になります。

基本的に使用する素材によって保険適用かが決まって、保険適用されるのは金属とプラスチックなので

セラミックは保険適用外ですが、一部の歯(小臼歯)のクラウンはCAD/CAM装置を使用して作られたハイブリッドセラミック素材が保険適用となっています。そうなると費用も1万円程度になりますが、基本的にはセラミックは保険適用外と思っておいたほうがいいでしょう。

 

歯を白くするという目的でセラミックを利用する場合は費用面も含めて
ラミネートベニアのほうが治療期間も短く、歯も薄く削り、費用も安いので一般的となっています。

 

 

関連ページ

歯医者のクリーニングで歯を白くする!料金や頻度とPMTCとの違い
歯医者で行うクリーニングでどれぐらい歯を白くすることができるのか?クリーニングの料金と通わなければいけない頻度について調べてみました。PMTCとクリーニングの違いについても紹介しています。
オフィスホワイトニングの効果と料金相場!安いのはホワイトニング専門歯科?
歯を白くする方法としてオフィスホワイトニングにはどのような効果があるのか?また費用はいくら必要になるのかの目安となる料金相場と安くホワイトニングしたい場合はホワイトニング専門歯科を選んだ方がいい理由について紹介しています。
歯を白くするホームホワイトニングにかかる値段や頻度について
手軽にできて値段もあまりかからず効果があるということでホームホワイトニングは歯を白くしたいという人にとって人気の方法です。その効果や値段、どれぐらいの頻度で行うといいかなどについて調べてみました。
セルフホワイトニングとは?自分で施術して歯を白くする効果はあるの?
自分でお店に設置されている機械を使って行うセルフホワイトニングのやり方や歯を白くする効果について調べてみました。
芸能人にも人気のラミネートベニアで歯を白くする!削らないこともできる?
歯のラミネートベニアで歯を白くする方法とラミネートベニアにかかる費用、削らないで施術を受けることができるのかについて調べてみました。