歯医者 クリーニング

MENU

歯医者で行うクリーニングの効果とは?

歯医者さんで行うクリーニングには歯の着色汚れを落とすことで歯の本来の白さを取り戻すことができるのでその意味ではホワイトニング効果が期待できます。また、歯垢や歯石の除去など虫歯や歯周病を予防する効果もあります。

 

保険診療の歯のクリーニングでは検査の意味合いもありますのでクリーニングと一緒に虫歯の有無の確認や日頃のブラッシングがきちんと歯に行き届いているか、正しいブラッシングの指導なども行われます。

 

歯のヤニ汚れなどの強力な着色汚れを簡単に落とすことができるのでオススメです。
このような着色汚れがある方は、1度行くだけでも歯の白さを実感できるでしょう。


歯のクリーニングの料金はいくらぐらい?

歯のクリーニングは保険適用のクリーニングと、自費診療のクリーニングに分かれます。
自費診療のクリーニングは「PMTC」と呼ばれることもあります。

 

保険適用のクリーニングにかかる料金は1000円〜3000円とリーズナブルです。
費用の違いは、保険適用のクリーニングの場合はあくまでも歯周病予防の名目で行うのでクリーニングの前に検査をしなければならず、レントゲンや検査などの初診料がかかるので、初めて行く歯医者さんの場合は若干費用が高くなる場合があります。

 

私も定期健診でクリーニングをしてもらいますが、いつも通っている歯医者さんだと虫歯などの異常が見つかってレントゲンを撮らない限りは1000円ぐらいの料金でした。過去に1回フッ素を塗ってもらったことがありますが、その時も少し高かったです。

 

一方で自費診療のクリーニング(PMTC)にかかる料金は5000円〜20000円程度です。
この料金の開きは、自費診療のクリーニングの場合歯科医院によって料金を設定できる点と、自分の要望によってクリーニングの施術の内容が変わるので料金に幅が生まれます。


保険適用のクリーニングと自費診療のクリーニングの違いは?

保険適用のクリーニングと自費診療のクリーニングの大きな違いは保険適用の歯のクリーニングはあくまでも歯周病予防のために行われているものだということです。

 

私の通っている歯医者さんに確認したところ、厳密に決まっているわけではありませんが、保険適用のクリーニングの場合は3ヶ月に1度の頻度を目安にしてくださいと言っていました。なので保険適用のクリーニングは1ヶ月に1回など、頻繁に通うことができません。クリーニング自体はできますが、その場合は自費診療になりますよ〜ということですね。

 

また、クリーニングの施術の内容も保険適用が歯周病予防の歯石取りがメインなのに対して、自費診療の場合は着色汚れを徹底的に落としてもらったり、虫歯予防のフッ素や歯を輝かせるトリートメント剤の塗布をしてもらうことが可能です。

 

 

先程も紹介したように、保険適用のクリーニングでも上記のようなことはできますが、その分料金が発生するということを覚えておくといいでしょう。たまに、歯科衛生士の人から「自費診療になりますが、こんなこともできますよ〜。」とオススメされることもあるかと思います。

 

施術の時間にも違いがあります。
保険適用のクリーニングの場合、歯の汚れの状態によっては一度で終わらせることができず、上の歯と下の歯など2度に分けてクリーニングを行う場合がありますが、自費診療の場合は基本的に1度の来院で全てを行うことができます。

 

なぜなら保険適用の場合、目安として1人30分しか歯医者さんの時間が取れないからです。
これは歯医者に行った人なら誰でも経験があるのではないでしょうか?

 

「1回で終わらせてほしいのにまた行かないといけない・・・」

 

 

個人的にはこれも歯医者に行くのが面倒になる理由だと思ってます。
なぜ保険診療の時間が長くても30分なのか?はここではとても書ききれませんが、簡単に言えば一人にかける時間が長くなればなるほど歯科医が立ち行かなくなるというのが現状のようです。


歯のクリーニングは痛いの?

歯を白くするのに毎回痛い思いをするのは嫌ですよね。
でも歯のクリーニングで痛いということはあまりありません

 

あえて痛いと感じることがあるとすると、ハンドスケーラーや超音波を使って歯石を取る時に歯科衛生士の人が攻めすぎて痛いと感じることがあるぐらいです。とは言っても虫歯治療や歯根治療の際に神経に接触される痛みに比べたら全然マシです。

 

なので痛くはありませんが、クリーニングをした後に出血がある場合もあります。
これは歯科衛生士さんいわく、歯茎に溜まっていた悪い血が出ているだけでむしろ良いことなんだとか。

 

 

着色汚れを落とす際はポリッシングブラシなどで歯の表面を薄く削るのですが、これは痛いなんてことはちっともないので安心してください。


歯のクリーニング後の食事について

歯のクリーニングをした後は汚れが落ちて綺麗になっている反面、とても無防備な状態になっているとも言えます。

 

そのため、歯に汚れが付きやすかったり、着色しやすい状態になっています。
クリーニング後の1時間程度は何も飲んだり食べたりしないほうがいいです。

 

特に着色汚れに関しては、コーヒーやお茶、喫煙などの着色が付きやすいので少しだけ我慢しておくと歯が白い状態を長く保つことができるでしょう。
色の濃い食べ物や飲み物には注意です!


関連ページ

オフィスホワイトニングの効果と料金相場!安いのはホワイトニング専門歯科?
歯を白くする方法としてオフィスホワイトニングにはどのような効果があるのか?また費用はいくら必要になるのかの目安となる料金相場と安くホワイトニングしたい場合はホワイトニング専門歯科を選んだ方がいい理由について紹介しています。
歯を白くするホームホワイトニングにかかる値段や頻度について
手軽にできて値段もあまりかからず効果があるということでホームホワイトニングは歯を白くしたいという人にとって人気の方法です。その効果や値段、どれぐらいの頻度で行うといいかなどについて調べてみました。
セルフホワイトニングとは?自分で施術して歯を白くする効果はあるの?
自分でお店に設置されている機械を使って行うセルフホワイトニングのやり方や歯を白くする効果について調べてみました。
歯のセラミックはどんな歯も白くする方法!デメリットはあるの?
どんな歯でも白くする方法として知られる歯のセラミック治療ですが、値段は安いのか、高いのか、保険は使えるのか?などメリットとデメリットについて調べてみたので興味がある方は参考にしてくださいね。
芸能人にも人気のラミネートベニアで歯を白くする!削らないこともできる?
歯のラミネートベニアで歯を白くする方法とラミネートベニアにかかる費用、削らないで施術を受けることができるのかについて調べてみました。