ホームホワイトニング 値段

MENU

そもそもホームホワイトニングって何?

ホームホワイトニングというのは歯科医院で行うオフィスホワイトニングと違って、自宅で行うことができるホワイトニング方法になります。

 

ホームホワイトニングに使用するのはマウスピースと薬剤と場合によってはライト。
マウスピースに関しては一番最初は歯医者さんに行って作らなければいけませんが、一度マウスピースを作れば後は薬剤の購入だけで自分で行うことができるので時間のない人でもオススメのホワイトニング方法なのです。

 

歯の白さに気を使っている芸能人やモデルさん達の間でもホームホワイトニングを行っているという人は多いですね。


ホームホワイトニングはどれぐらい効果があるの?

ホームホワイトニングで使われる薬剤はオフィスホワイトニングで使用される薬剤よりも濃度が低いため、効果が出るのが遅いという反面、毎日継続して行うことができるので数か月経った時にはホームホワイトニングのほうが歯が白くなると言われています。歯が白くなり始めるのは行う頻度にもよりますが大体2週間〜1ヶ月後になってからです。

 

オフィスホワイトニングに使われる薬剤は過酸化水素、ホームホワイトニングに使われる薬剤は過酸化尿素が多く、過酸化尿素も参加すれば過酸化水素になるのですがその濃度はオフィスホワイトニングに使われる過酸化水素の10分の1ぐらいです。

 

なのでオフィスホワイトニングのほうが効果が早いというわけです。
その代わり濃度が低いため知覚過敏になりにくい、あまりしみないというメリットがあります。

ホームホワイトニングのやり方と行う頻度について

ホームホワイトニングのやり方は、まず歯医者さんで専用のマウスピースを作ります。
多くの方がマウスピースを作るついでにその歯医者さんで薬剤を購入します。

 

ちなみに虫歯があったりするとホワイトニングができないのでその場合はまず虫歯の治療をしてからホワイトニングという流れになります。

 

マウスピースが完成したら後は自宅で行うことができます。

 

@まず歯磨きをする
Aマウスピースに薬剤を入れる
B歯にマウスピースを装着して2時間程放置
Cマウスピースを外してうがい&歯磨き
D完了

 

注意点というかやり方のポイントとしてはマウスピースに薬剤を入れる時は薬剤の先端を使ってなるべく薬剤を均一にして歯全体に行き渡るようにすることと、マウスピースを装着した時に薬剤がはみ出てきた場合はティッシュで拭き取るぐらいですかね。

 

また、歯科医院や使用する薬剤によっては放置時間が違うので歯医者さんの指示や
使用する薬剤の説明書などを参考に時間は調整しましょう。

 

ホワイトニング後は歯が着色しやすい状態になっているので色の濃い食べ物や飲み物は避けたほうがよく、大体12時間から24時間ぐらいはその状態でいないといけないのでホームホワイトニングを毎日行う場合はその期間中気を付けないといけません。もし色の濃い食べ物や飲み物を口にする時はその後にすぐに口をすすぐようにしましょう。

 

ホームホワイトニングの頻度は毎日行うことで効果が出やすくなります。

 

ここぞという時に歯を白くしたい場合はオフィスホワイトニング、じっくりと歯の白さを追求していきたい時はホームホワイトニングという使い分けがいいでしょう。また、これらのホワイトニングを並行して行うことをデュアルホワイトニングと言います。

 

現在日本で認可されているホームホワイトニングジェルは以下の4種類

 

・オパールエッセンス
・ナイトホワイトエクセル
・松風ハイライトシェードアップ
・ティオン ホーム

 

国内認可品のホームホワイトニングジェルは濃度が10%の商品のみです。

 

場合によっては歯医者さんで使用されている高濃度の薬剤を海外から個人輸入してホームホワイトニングを行うと効果が早く、歯が白くなるのですが、慣れていないと重大な危険なので初めてホームホワイトニングをする人はやめておきましょう。

 

ホームホワイトニングの薬剤の中には、ポリリン酸や酸化チタン、アパタイトが主成分となっているものも見かけますが、これらの成分には歯の内部に浸透して漂白するという効果はないので注意が必要です。

 

安全に、確実にということなら国内認可品のジェルを使うといいでしょう。

 

ホームホワイトニングの頻度は自分の満足の行く歯の白さになるまでは毎日行うのが理想です。特にホームホワイトニングを始めた2週間は毎日行いましょう。毎日が難しいという方はオフィスホワイトニングと並行して行うデュアルホワイトニングがおすすめです。


ホームホワイトニングにかかる費用と薬剤の値段は?

ホームホワイトニングにかかる費用で最初のマウスピース作成や薬剤の購入だと、大体10000円〜30000円ぐらいが平均的な価格となります。

 

ホームホワイトニングは自費診療になるので歯科医院で自由に料金が設定できる点と、ホームホワイトニング前にクリーニングや虫歯治療を行わなければいけないケースもあるのでどうしても費用には幅ができてしまいます。

 

通販などでホワイトニングスターターキットを購入して始める場合はこの限りではありません。

 

ホームホワイトニングジェルの値段は先程紹介した国内認可品の薬剤であれば約2週間分の値段で5000円〜7000円ぐらいで購入することができます。


ホームホワイトニングのまとめ

値段も手ごろで歯を白くする効果もあるホームホワイトニングですが誰でもできるというわけではありません。

 

以下に当てはまる方はホームホワイトニングができない、もしくはやっても効果がないので注意しましょう。

 

・妊娠中
・未成年
・歯並びが悪い(マウスピースが装着できない)
・無力カタラーゼ症の方
・神経を抜いて変色している歯
・被せ物や差し歯

 

また、ホームホワイトニングは毎日決まった時間に行うことが推奨されているので1日2時間程度同じ時間帯に行うことができないという方はオフィスホワイトニングやデュアルホワイトニングのほうがホワイトニング効果を実感できるかもしれません。

 

オフィスホワイトニングに関してはこちらの記事「オフィスホワイトニングの効果と料金相場」で詳しく紹介しているので興味がある方は参考にしてくださいね。

関連ページ

歯医者のクリーニングで歯を白くする!料金や頻度とPMTCとの違い
歯医者で行うクリーニングでどれぐらい歯を白くすることができるのか?クリーニングの料金と通わなければいけない頻度について調べてみました。PMTCとクリーニングの違いについても紹介しています。
オフィスホワイトニングの効果と料金相場!安いのはホワイトニング専門歯科?
歯を白くする方法としてオフィスホワイトニングにはどのような効果があるのか?また費用はいくら必要になるのかの目安となる料金相場と安くホワイトニングしたい場合はホワイトニング専門歯科を選んだ方がいい理由について紹介しています。
セルフホワイトニングとは?自分で施術して歯を白くする効果はあるの?
自分でお店に設置されている機械を使って行うセルフホワイトニングのやり方や歯を白くする効果について調べてみました。
歯のセラミックはどんな歯も白くする方法!デメリットはあるの?
どんな歯でも白くする方法として知られる歯のセラミック治療ですが、値段は安いのか、高いのか、保険は使えるのか?などメリットとデメリットについて調べてみたので興味がある方は参考にしてくださいね。
芸能人にも人気のラミネートベニアで歯を白くする!削らないこともできる?
歯のラミネートベニアで歯を白くする方法とラミネートベニアにかかる費用、削らないで施術を受けることができるのかについて調べてみました。