重曹 ホワイトニング 危険

MENU

重曹を使ったホワイトニングは危険?

歯を白くする方法として最も手軽に用いられているのが重曹です。
重曹と言えば、ベーキングパウダーとして料理に使うこともできれば、お掃除用品に汚れ落としとしても使われている万能なものです。

 

重曹を使ったホワイトニングは危険?やり方と口コミについて

そんな重曹を使ったホワイトニングは本当に危険なのでしょうか?重曹を使って床やキッチン掃除をしたことがある人であれば重曹で汚れを落とすことができるという体験を一度はしたことがあると思います。

 

 

重曹は研磨することで汚れを落とします。
重曹を使ったホワイトニングは危険と言われるのは、歯に重曹を使った場合研磨力が強すぎて汚れを落とすだけではなく歯自体も削ってしまうということにあります。歯の汚れを削り落とすのでホワイトニングではなくクリーニングの部類です。

 

 

まず、重曹の化学式はNaHCO3で、物質名としては炭酸水素ナトリウムとなります。この炭酸水素ナトリウムというのは歯磨き粉の研磨成分としてもよく利用されています。歯磨き粉の研磨成分としては他にも無水ケイ酸や炭酸カルシウムなどがあります。

 

 

歯磨き粉に含まれる研磨剤に関しては「歯を白くする市販で人気の歯磨き粉」こちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。簡単に言えば、重曹の成分は市販の歯磨き粉にもよく使われているので市販の歯磨き粉を使っても落とせない着色汚れが重曹を使ったからと言って落とせるか?と言えば微妙だと思います。特に海外のホワイトニング歯磨き粉には重曹がたくさん使われています。

 

 

もちろん、重曹をそのまま使うということは粒が粗いのでその分研磨力が増すのでもしかしたら歯磨き粉で落とせなかった着色汚れが、重曹そのものを使うことで落とすことができるようになる可能性は否定しませんが、研磨力が増すということは同時に歯を傷付けやすいということにもなります。

 

重曹を使ったホワイトニングは危険?やり方と口コミについて

結局歯を必要以上に研磨して傷付けると着色汚れの原因となるステインの再付着にも繋がりますし、歯茎が傷つけば知覚過敏や虫歯の原因になる可能性もあります。そういった意味では重曹ホワイトニングは危険と言えるかもしれません。

 

 

重曹そのものは手に入りやすく、価格も安いので自宅で歯を白くする方法としては手軽に始められるというメリットもありますが、歯を白くする効果や歯への影響を考えるとあまりオススメできる方法とは言えません。

 

重曹ホワイトニングには主に以下のような危険性が考えられます。

@歯茎(歯肉)への刺激が強い
A歯の表面が傷つき、削れてしまう
B重曹の塩分問題
C歯石の沈着

 

ただし、これから紹介するような歯磨きのやり方や重曹うがいなどはできるだけ重曹による悪影響が出ないものになるので重曹ホワイトニングに興味のある方は参考にしてくださいね。

重曹ホワイトニングのやり方は?

重曹を使ったホワイトニングには重曹歯磨き重曹うがいの2種類があります。
重曹うがいはホワイトニングだけでなく、口臭予防や虫歯予防にも効果があると言われています。その代わり、磨くわけではないので歯磨きに比べると着色除去の効果は低いでしょう。

 

まず、用意する重曹は食用か薬用を準備しましょう。
※重曹には「食用」「薬用」「工業用」の3種類があります。

 

重曹をメインに使った市販の歯磨き粉も販売されています。

 

 

ただ、この「歯磨撫子」は成分表を見てもらえばわかるように研磨成分の配合量がかなり多いです。
そして商品特長に研磨剤は使用しておりませんと記載されていますが、炭酸カルシウム・シリカ・炭酸水素ナトリウムという研磨成分が清掃剤としてしっかり配合されています。あくまでも「研磨剤」ではないという主張でしょう。(炭酸水素ナトリウムが重曹です。)

 

 

なぜ研磨成分の配合量が多いかわかるのか?と言えば、歯磨き粉の成分表は配合量が多い成分から順に表記しなければいけない決まりがあるので成分表の最初に3種類の研磨成分が表記されている=研磨成分たっぷりと言えるからです。

 

危険とまでは言いませんが、本当に汚れが目立つ部分の歯の着色汚れを落としたい!場合にのみ使うといいでしょう。
普段使いをするのは研磨成分の多さからしてもあまりオススメできません。

 

重曹歯磨きのやり方

 

@まず、重曹に水を混ぜて歯磨き粉ぐらいの固さになるように混ぜます。
スプーン1杯に水を数滴ずつ垂らしながら固さを調整しましょう。

 

Aできあがったペーストを歯ブラシ、もしくは手で歯に直接塗ります。

 

B優しくブラッシングをして口をすすぎます。

 

注意点としては、研磨力が強くなるので力を入れ過ぎない=歯を擦りすぎないことと、毎日ではなく、着色汚れが気になった時か、1週間に多くても2回を目安にしましょう

 

 

重曹歯磨きをする場合は、できれば傷付いた歯の再石灰化を促進し、修復してくれるフッ素配合の歯磨き粉や歯磨きジェルなどを普段使いの歯磨き粉として利用していれば危険性も軽減するでしょう。

 

重曹うがいのやり方

 

@250mlの水に、約1.5g(一つまみ程度)の重曹を溶かします

 

Aガラガラうがいではなく、口の中でクチュクチュ動かすようにうがいをします。

 

B飲みこまないように必ず吐き出しましょう。

 

注意点としては重曹の濃度を濃くしないようにすることと、飲みこまないことです。
また、重曹うがいをした後にブラッシングをすることで口の中に残る重曹の研磨成分で歯がツルツルになる感覚があるかもしれませんが、これも重曹歯磨きと同じことなのでやりすぎはNGです。

 

 

重曹歯磨きも重曹うがいもやり方は簡単ですし、実践しやすいですので試しにやってみることはオススメしますが、重曹で歯の着色汚れが落ちないからと言って過度にやりすぎたり、力を入れて歯磨きをするのは危険なので、効果がないなと思ったら別の歯を白くする方法に切り替えましょう。

重曹ホワイトニングを実践している人の口コミを集めてみました

歯を白くする方法として重曹歯磨きや重曹うがいを実際に実践している人の口コミやつぶやきを集めてみました。

 

重曹歯磨きは泡立ちがないので磨けているのか不安になりますが、歯磨き後に歯を手で触るとキュキュッとしているので多分磨けていると思いますが、ヤニ汚れが取れることはないです。

 

虫歯予防に重曹がいいということで重曹歯磨きをしていますが、結果的に虫歯の進行が早まりましたwwwあくまでも私の場合なので、他に原因があるとは思いますが。フッ素のほうがいいかな。歯石が薄くなったような気がしますが、刺激が強いので歯茎が弱い人は注意したほうがいいです。

 

重曹歯磨きをすると歯がツルツルして、口の中がとてもサッパリした感じになります。

 

タバコやコーヒーをよく吸ったり飲んだりしますが、重曹うがいを始めてから歯にヤニが付きにくくなったような気がします。

 

よくわからないけど重曹うがいやってみた。やった感じはなかなかよい。

 










関連ページ

歯を白くする市販で人気のホワイトニング歯磨き粉を調査
市販で人気になっている歯を白くするホワイトニング歯磨き粉を調査してみました。市販のホワイトニング歯磨き粉は手に入れやすい・価格が安いというメリットがあるので自宅で手軽に歯を白くする方法を試したいという方は参考にしてくださいね。
研磨剤なしの歯磨き粉ホワイトニングジェルの効果と人気ランキング
研磨剤なしで歯の着色汚れを浮かせて剥がすホワイトニングジェルの効果と人気商品のランキングを紹介しています。削らずに歯の黄ばみを落としたい方はこの記事を参考にしてくださいね。
ホワイトニング効果のある歯磨き粉の使い方と選び方
一般的にホワイトニング効果のある歯磨き粉にはどのようなタイプの歯磨き粉があるのか?その使い方と選び方について紹介しています。海外のホワイトニング歯磨き粉の購入の仕方も紹介しています。
貼るだけ!アメリカでは常識のホワイトニングテープの効果と使い方
美容歯科先進国のアメリカでは常識となっているホワイトニングテープの効果と使い方、購入するための方法について紹介しています。
市販でダイソーなどでも購入できる歯の消しゴムはオススメ?口コミも紹介!
自宅で歯を白くする方法としてダイソーなどの100円均一や市販で購入できる歯の消しゴムは本当にオススメなのか?口コミや歯を白くする効果について紹介しています。
海外で話題のホワイトニングペンの使い方とオススメ商品
アメリカなど海外で話題のホワイトニングペンの使い方や薬局、楽天市場の通販などの購入場所、ホワイトニングペンのオススメ商品とその口コミについて紹介しています。
歯を白くする歯のマニキュア人気商品の口コミを紹介
歯を白くする歯のマニキュアのメリットデメリットやオススメな人、人気商品とその口コミについて紹介しています。
活性炭で歯を白くする方法の効果や口コミ、安全性は?
最近SNSで話題になっている歯を白くする方法が活性炭を使った歯磨きです。こういった方法の中には都市伝説のようなものや実際には効果がない、デメリットが大きい方法もあるのですが、活性炭はどうなのか調べてみました。