歯のマニキュア 人気 口コミ

MENU

歯を白くする歯のマニキュアがオススメな人

自宅で歯を白くする方法として即効性があるのが歯のマニキュアです。

歯のマニキュアはその名の通り、歯にマニキュアを塗って白くする方法です。
もちろん、口に入れるものなので爪のマニキュアとは違って口の中に入れても
問題のない樹脂系の塗料を使って作られています。

 

 

なので、神経を抜いて黒ずんでしまった歯や加齢による歯の黄ばみや象牙質の変色による歯の黄ばみ、銀歯や差し歯でも白くすることができるというメリットがあります。また手軽に低予算でできるところも歯のマニキュアの魅力です。

 

・明日までに黄色い歯を白くしたい
・歯の表面の汚れを落としても全然白くならない
・銀歯や義歯など通常のホワイトニングができない歯を白くしたい

 

このような方にオススメなのが歯のマニキュアになります。
どんな歯でも白くするというのが歯のマニキュアの良いところですね。

歯のマニキュアのデメリットについて

歯のマニキュアのデメリットに関しては以下のようなことが考えられます。

 

・仕上がりに色ムラができてしまう
・しっかり落とさないと歯の汚れの原因になる
・市販商品の場合効果は長くても1日しか保てない
・商品によっては不自然な白さになることがある

 

確実に歯を白くすることができるけど、仕上がりによっては不自然に
なってしまうことがあるというのは確かに難点と言えますね。

 

上手に塗ることができるかどうか?というのが歯のマニキュアの
商品選びの際の基準になると言えるかもしれません。

歯のマニキュアの人気商品とその口コミを紹介

歯のマニキュアは薬局やドラッグストアなど市販で購入することが可能です。
また、amazonや楽天市場でももちろん購入することができます。
価格は2000円前後で購入できるので緊急時のアイテムとしては手に取りやすい価格です。

 

歯のマニキュアの市販の人気商品とその口コミをいくつか紹介したいと思います。

 

ハニックDC

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハニック・ホワイトラボハニック DCルナ 5.5ML
価格:1350円(税込、送料別) (2017/8/24時点)

 

ハニックDCは楽天デンタルケアで何度も1位を獲得している歯のマニキュアです。
歯ニックDCには「ルナ」「スノウ」「アクア」「パール」と4種類あって
それぞれ仕上がりの歯の白さが違いますが、1番人気はナチュラルな歯の白さのルナです。

 

ハニックDC(ルナの口コミ)

・期待外れのホワイトニング商品が多かったですがこちらの商品は慣れると綺麗に濡れて
即白い歯が手に入るので嬉しいです。ゆっくりひと塗りで塗ったほうが上手くいきますよ!

 

・最初はやはりムラになってしまいますが、必要な時だけ綺麗な歯にすることができて
値段も手ごろなので気に入っています。

 

・遠目からの違和感はありませんが、近くで明るい場所だとバレそうです。
塗ってからよく乾かさないとすぐに落ちてしまいます。

 

トゥーカラー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トゥーカラー TooColor アクアパール 5ml
価格:2268円(税込、送料別) (2017/8/24時点)

トゥーカラーは@コスメで評価の高かった歯のマニキュアです。
歯をマニキュアで白くするだけでなく落とす時の歯磨き効果を高める成分が配合されています。
ピュアホワイトとアクアパールの2種類があり、ピュアホワイトは黄色っぽい歯に、
アクアパールはすでに歯の白さに自信がある人用となっています。

 

トゥーカラーの口コミ

・使う前によく振ってから使うことと素早く塗ることを心がけると綺麗に仕上がりますよ。
付けてから1日普通に食べたり飲んだりしても夜まで浮かないので持ちは良いと思います。

 

・ピュアホワイトを使ってますが、真っ白という感じではなく自然な歯の白さで
いい感じにツヤがでる、ネイルでいうラメのような感じですね。
・薬品臭がしますが、歯の汚れを吸着して白くするというような効果は実感ありません。

 

胡粉美人歯マニキュアEX

銀歯でも厚塗りすることで隠すことができる歯のマニキュアが胡粉美人です。
原料に使われる胡粉は元々顔料として使われ、子供が舐めても安全な原料です。
ミネラル成分が歯を守り、着色を防いでくれるという点も特徴です。

 

胡粉美人歯マニキュアEXの口コミ

 

・差し歯と銀歯に使用していますが、薄く2、3回なぞるように塗ると白く
なりすぎず、目立たない感じに仕上がります。すぐに乾くのもいいです。

 

・ツヤのある感じの自然な白い歯になりました。ラーメンを食べても剥がれず、モチもいいですね。
ちょっと白すぎるので前歯とかだと目立ちますが、奥の銀歯隠しには最高です。

 

・乾燥が早いので持ち運んでいざという時だけ使うこともできるので嬉しいです。
もう少し黄色っぽい色でもいいかなという感じはします。

歯のマニキュアの効果はどれぐらい?

歯のマニキュアの効果は歯の上から塗るだけでどんな歯でも白くすることができます。
気になるのはどれぐらいの期間、歯のマニキュアの効果が持続するか?ですよね。

 

市販で自分で行う歯のマニキュアの効果は大体半日〜1日程度と短いのが特徴です。
その代わり、比較的手ごろな値段でマニキュアを購入することができ、多少塗り方のコツはあるものの自宅で自分で行うことができます。
また、歯のマニキュアの効果の持続期間は塗った後の過ごし方でも違いが出てきます。

 

硬いものを食べたりして歯の表面のマニキュアが削れてしまう場合もありますし、マニキュアで白くなった歯は余計に着色が目立つので色の濃い飲食物を口にすればそれが歯に着色してしまう可能性もあります。

 

どれぐらい歯を白くできるのか?といった効果は商品によって変わります。
また、同じ商品でもハニックシリーズのように白さの種類がいくつかある商品もあります。

 

この辺りは口コミを参考にしながら商品選びをすれば希望の白さに近づけることができるでしょう。
自分の希望する歯の白さと長期間効果が持続する歯のマニキュアがいい!という方は歯医者で行う歯のマニキュアも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

歯のマニキュアのように見た目を白くするのではなく、本来の歯を白くしたい場合は自宅で行う方法ならホワイトニングジェルがオススメです。

 

【参考記事】
研磨剤なしで歯を白くするホワイトニングジェルの人気商品

 

歯のマニキュアは歯科医院でもできる(ホワイトコート)

自分で行う歯のマニキュア以外にも歯科医院で行う歯のマニキュアもあります。
歯科医院で行う場合は「ホワイトコート」という施術になります。

 

自宅で自分で行う歯のマニキュアとの違いはプロが行うので仕上がりが綺麗になるという点と、市販のマニキュアとは違って歯科医院にある材料で行うので白さ(種類・明るさ)の微調整ができるという点、市販品よりも長持ちするという点がメリットとなります。持続期間は2ヶ月〜3ヶ月程度となります。

 

 

一方でデメリットとしては、市販商品で自分で行うよりは価格が高い(1万円〜4万円、本数によって変わる)のと、塗った直後は歯に着色しやすいので2、3日は色の濃いものの飲食や喫煙は避けないといけないこと、市販品よりもマニキュアが協力なので落とす際の歯への負担が大きいというデメリットがあります。

関連ページ

歯を白くする市販で人気のホワイトニング歯磨き粉を調査
市販で人気になっている歯を白くするホワイトニング歯磨き粉を調査してみました。市販のホワイトニング歯磨き粉は手に入れやすい・価格が安いというメリットがあるので自宅で手軽に歯を白くする方法を試したいという方は参考にしてくださいね。
重曹を使ったホワイトニングは危険?やり方と口コミについて
重曹を使ったホワイトニングは本当に危険なのでしょうか?重曹ホワイトニングのやり方と実際にやっている人の口コミについて調べてみました。
研磨剤なしの歯磨き粉ホワイトニングジェルの効果と人気ランキング
研磨剤なしで歯の着色汚れを浮かせて剥がすホワイトニングジェルの効果と人気商品のランキングを紹介しています。削らずに歯の黄ばみを落としたい方はこの記事を参考にしてくださいね。
ホワイトニング効果のある歯磨き粉の使い方と選び方
一般的にホワイトニング効果のある歯磨き粉にはどのようなタイプの歯磨き粉があるのか?その使い方と選び方について紹介しています。海外のホワイトニング歯磨き粉の購入の仕方も紹介しています。
貼るだけ!アメリカでは常識のホワイトニングテープの効果と使い方
美容歯科先進国のアメリカでは常識となっているホワイトニングテープの効果と使い方、購入するための方法について紹介しています。
市販でダイソーなどでも購入できる歯の消しゴムはオススメ?口コミも紹介!
自宅で歯を白くする方法としてダイソーなどの100円均一や市販で購入できる歯の消しゴムは本当にオススメなのか?口コミや歯を白くする効果について紹介しています。
海外で話題のホワイトニングペンの使い方とオススメ商品
アメリカなど海外で話題のホワイトニングペンの使い方や薬局、楽天市場の通販などの購入場所、ホワイトニングペンのオススメ商品とその口コミについて紹介しています。
活性炭で歯を白くする方法の効果や口コミ、安全性は?
最近SNSで話題になっている歯を白くする方法が活性炭を使った歯磨きです。こういった方法の中には都市伝説のようなものや実際には効果がない、デメリットが大きい方法もあるのですが、活性炭はどうなのか調べてみました。