ホワイトニング歯磨き粉 市販

MENU

ホワイトニング効果がある歯を白くする歯磨き粉を調べてみました

アメリカでは歯を白くするホワイトニング効果のある歯磨き粉が普通に販売されていて人気になっていますが、日本ではホワイトニング効果のある過酸化水素は劇物指定となっています。

歯を白くする市販で人気のホワイトニング歯磨き粉を調査

そのため、市販で販売されている人気のホワイトニング歯磨き粉というのはコーヒーやタバコのヤニなど、日常生活で歯に付着するステインによる歯の黄ばみ・着色汚れを落とす歯磨き粉になります。

 

とは言っても、着色汚れを落として歯が持つ本来の白さを取り戻すことは可能ですし、ホワイトニング後の毎日のメンテナンスとしても市販のホワイトニング歯磨き粉はオススメです。

市販のホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時の注意点

その@歯を白くする成分でも研磨成分には注意しましょう

 

市販のホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際の注意点としては、まず歯を白くする、つまり歯の着色汚れを落とすことができる成分が配合されているかを見極めます。

 

市販のホワイトニング歯磨き粉では研磨成分によって歯の表面の着色汚れを削り落とすことで歯を白くする効果が得られる商品が多いです。
研磨成分とは歯磨き粉の成分では「清掃剤」と表記されているものになります。

 

研磨剤や清掃剤として歯磨き粉に配合されている成分例は下記の通りです。

※含水ケイ酸は清掃剤(研磨剤)としてだけでなく粘結剤としても使われることがあります。配合量にもよりますが、基本的には粘結剤として使用される量であれば問題ないと思われます。

 

 

このような成分が市販のホワイトニング歯磨き粉の研磨成分と言えます。
研磨成分で歯を白くする歯磨き粉を使用する際は粒子の細かいものが良いです。
例えば、「ナノ」と付いている研磨成分ですね。
粒子が粗い歯磨き粉はその分研磨作用が強く歯の表面が傷ついてしまいます。

 

 

研磨剤ではそんなに歯が傷つくことはないという人もいますが、実際に私は過去に着色汚れが気になる部分を重点的に市販の研磨剤入りの歯磨き粉でゴシゴシと歯磨きをしていた結果、虫歯のように歯が削れてしまった経験があります。この時は歯磨きの仕方にも問題がありました。

 

 

虫歯だと思って歯医者さんに行ったら歯磨き粉の研磨剤と歯ブラシの力が強すぎて削れていると言われ、虫歯と同じように埋めてもらうことになりました。もちろん、2・3回使っただけで歯が削れることはないですし、優しくブラッシングをすれば目に見えるほど削れることはないかもしれませんが、歯の表面に細かな傷が付くと歯の黄ばみの原因であるステインが再付着しやすくなってしまいます

 

 

そうすると、またすぐに着色してしまう⇒必死に落とそうとする⇒ブラシが強くなるといった私のような悪循環に陥ってしまう可能性があります。研磨成分は危険!とまではいいませんが、研磨成分が配合されている市販のホワイトニング歯磨き粉を使う時には注意して使うことをオススメします。歯医者さんで販売している歯科専売品の歯磨き粉なんかは研磨剤なし、もしくは低研磨ですからね。

 

研磨剤が怖い方は市販でも研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉を選んで使用するか、歯の再石灰化や歯質強化ができるフッ素配合の歯磨き粉(ジェル)を併用するといいでしょう。

 

フッ素に関しては専門家の間でも良い悪いの意見が分かれるところなのですが、個人的には特に気にしていません。

 

オススメはフッ素コート歯磨きジェルの「ジェルコートF」です。

 

そのA安心・安全を追究するほど価格が高い

 

市販の歯磨き粉の価格は大体1本300円〜1000円ぐらいで買えますよね。
ホワイトニング歯磨き粉でも値段で選ぶという人も多いと思います。

 

近年歯磨き粉への関心が高まり、先程紹介した研磨剤や人体に有害と言われている発泡剤が配合されているのは、「安く、利用者に歯が磨けているように錯覚させるため」と言われています。

 

なので、発泡剤や研磨剤を使わないということは安心・安全度は高まりますが、価格は高くなります。市販でも通販でも歯科専売品でも同じですが、価格には理由があります。歯磨き粉においてその理由を探る鍵は成分だと思っておいていいでしょう。とは言っても多くの人は市販の普通の歯磨き粉を長年使い続けているはずなので例え危険な成分が入っていてもすぐにどうなるというわけでもありません。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉は1回使って終わりではなく、使い続けるアイテムなので、価格もそうですが、成分などを基準にして選ぶといいと思います。ちなみに歯磨き粉の成分は配合量や%が明記されていませんが、配合量の多い成分順に表記されているので商品選びの参考にしてください。

 

前置きが長くなりましたが、市販で人気のホワイトニング歯磨き粉を紹介していきましょう。
何を持って市販とするのかが難しいところですが、正直薬局とかドラッグストアで販売されている歯磨き粉はどれもホワイトニング効果なんて期待できないので歯科専売品も含めて通販やロフトなどで簡単に手に入る商品を市販としてピックアップしています。

歯を白くする市販で人気のホワイトニング歯磨き粉

R.O.C.S ロックス バイオニカホワイトニング 天然成分

 


私が通っている歯医者さんにも置かれているロックスのホワイトニング。
ロックスホワイトニングには研磨成分のシリカが配合されていますが、ミクロ粒子で強すぎない研磨性とたんぱく質を分解して除去する酵素ブロメライン(パイナップル酵素)の効果で着色を除去する効果が期待できます。フッ素に関しては賛否両論分かれるところで私は賛成なのですがR.O.C.S ロックスはフッ素無配合なのでフッ素が気になるという方にお勧めです。

 

≪R.O.C.Sロックスホワイトニングの口コミ≫

・歯磨き粉の粒々がなくなれば歯磨き終了とわかりやすいです。ホワイトニング効果も多分あります。
・劇的なホワイトニング効果はなく、使った感じはその他の市販のホワイトニング歯磨き粉と同じ気がします。
・泡立つ歯磨き粉ではありませんが、磨いた後は歯がツルツルになった感じがします。

 

アパガードプレミオ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アパガードプレミオ 100g
価格:1292円(税込、送料別) (2017/8/9時点)

2015年、2016年の@コスメオーラルケア部門で第1位を受賞したホワイトニング歯磨き粉。

 

「清掃剤」としての成分表記はありませんが、「基材」としてリン酸水素カルシウム・無水ケイ酸が配合されているので研磨剤バリバリといった感じですが、歯とほぼ同じ成分と言われている薬用ハイドロキシアパタイトが歯の再石灰化を助けると言われています。削るけど、修復もしますよ〜という感じでしょうか。

 

≪アパガードプレミオの口コミ≫

・使い続けて数週間立ちますが、まだ歯が白くなる効果は実感できていません。
・歯が白く輝く!という効果はありませんが、味もシンプルで使いやすいです。
・1週間使っていますが、泡立ちも良くて歯磨き後は口の中がさっぱりしています。

 

ブリリアントモア

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ライオン ブリリアントモア フレッシュスペアミント 90g
価格:1138円(税込、送料別) (2017/8/9時点)

 

ステインを歯の表面から浮き上がらせるピロリン酸ナトリウム配合。これが「清掃補助剤」となっています。清掃剤は非晶性無水ケイ酸、無水ケイ酸となっています。高い研磨性があるので高濃度フッ素が配合されています。これでガシガシ削るとさすがにちょっと心配になりそうな気もしますね。

 

≪ブリリアントモアの口コミ≫

・2〜3日に一度使用していますが、ホワイトニング効果を感じます。ただ使用頻度を上げると沁みてきます。
・明らかに白くなるというよりかはなんとなく歯の色のトーンが少し明るくなったかなと思います。
・ブリリアントモアを使い始めてから少し歯が白くなったように感じます。初めてのホワイトニング歯磨き粉におすすめです。

 

シュミテクト トゥルーホワイト

 

知覚過敏用の歯磨き粉でお馴染みのシュミテクトのホワイトニング歯磨き粉です。
市販の歯磨き粉としては珍しく研磨剤無配合です。歯を白くする成分としてはセルフホワイトニングにも利用されているポリリン酸ナトリウム。安全に、市販で安く、ホワイトニング歯磨き粉を使いたいという場合はこれが一番オススメですね。

 

≪シュミテクト トゥルーホワイトの口コミ≫

・ホワイトニング効果はまだわかりませんが、知覚過敏への効果はシュミテクトなので変わらず◎
・歯磨き粉自体の糸引きが凄いので使いにくく美白効果もあまり感じられませんでした。
・沁みるの防止とホワイトニングのためにシュミテクトを使っていますがもうちょっと歯が白くなれば満足です

 

グッバイ黄ばみ 重曹つるつる歯磨き粉

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

歯磨撫子 重曹 つるつるハミガキ 140g 歯磨き
価格:1296円(税込、送料別) (2017/8/9時点)

清掃剤として炭酸カルシウム・シリカ・炭酸水素ナトリウムという研磨成分が配合されています。重曹ツルツル歯磨き粉も@コスメのランキングで1位になったことがあるホワイトニング歯磨き粉です。

 

ナチュラル成分配合のみで作られているということで、フッ素とラウリル硫酸ナトリウムが配合されていません。ただWEBサイトでは研磨剤はしていないとなっているのがちょっと怪しいですね。要するに清掃剤と研磨剤は違うものという主張だと思うのですが・・・。

 

≪重曹つるつる歯磨き粉の口コミ≫

・ホワイトニング効果はわかりませんが、塩味で磨いた後は歯がツルツルになります。
・1本使い切って白くなった感じはありませんがあの味と泡立たない感じが好きでした。
・白くはならないけど歯がつるつるになった気がします。

 

スーパースマイル

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【倉庫直送品】 スーパースマイル 119g ★人気商品!
価格:2318円(税込、送料別) (2017/8/9時点)

アメリカではホワイトニング歯磨き粉としては定番と言える商品です。ただ日本で販売されているスーパースマイルとアメリカで販売されているスーパースマイルは違います。アメリカのスーパースマイルは過酸化水素が配合されているのでホワイトニング効果は段違いです。

 

ちなみに私は以前アメリカ版のスーパースマイルを使っていました。
気に入っていましたが購入するのがちょっと面倒なんですよね・・・。

 

日本で市販されているスーパースマイルは独自成分のカルプロックスが歯の表面の汚れを強力に浮かせて落とすので反対に使用後は着色しやすくなるという問題点もあります。アメリカ版のスーパースマイルは当たり前ですが市販では購入できません。購入するとしたら個人輸入代行で自己責任の元購入し使用しましょう。

 

≪スーパースマイルの口コミ≫

・歯磨き粉にしては高い・・・でも磨いた後のツルツルは病みつきです。
・歯が白くなるよりかはツルツルになるのでツヤツヤとした光沢感はあります。
・朝起きた時の口のネバつきがなくなったのと、紅茶ぐらいしか飲まないので着色も3日で落ちました。

 

いかがでしょうか?市販で人気のホワイトニング歯磨き粉をほぼ主観で紹介してみました。(笑)
個人的にはやはり以前研磨成分配合の市販の歯磨き粉で歯が削れてしまった経験があるので市販のホワイトニング歯磨き粉よりも、ポリリン酸やメタリン酸などの成分で着色汚れを浮かせて剥がすホワイトニングジェルのほうが実際に使ってみて歯の着色汚れが落ちていると感じるので市販のホワイトニング歯磨き粉は使っていません。

 

【参考記事】
研磨剤なしで着色汚れを落とす歯のホワイトニングジェルランキング

 

 

やっぱり市販のホワイトニング歯磨き粉はホワイトニングジェルや過酸化水素配合の海外のホワイトニング歯磨き粉と比べると歯を白くする効果があんまり実感できないんですよね。でも人気商品として紹介している市販のホワイトニング歯磨き粉はレビューや口コミを見ると歯が白くなったと満足している人も多いようです。

関連ページ

重曹を使ったホワイトニングは危険?やり方と口コミについて
重曹を使ったホワイトニングは本当に危険なのでしょうか?重曹ホワイトニングのやり方と実際にやっている人の口コミについて調べてみました。
研磨剤なしの歯磨き粉ホワイトニングジェルの効果と人気ランキング
研磨剤なしで歯の着色汚れを浮かせて剥がすホワイトニングジェルの効果と人気商品のランキングを紹介しています。削らずに歯の黄ばみを落としたい方はこの記事を参考にしてくださいね。
ホワイトニング効果のある歯磨き粉の使い方と選び方
一般的にホワイトニング効果のある歯磨き粉にはどのようなタイプの歯磨き粉があるのか?その使い方と選び方について紹介しています。海外のホワイトニング歯磨き粉の購入の仕方も紹介しています。
貼るだけ!アメリカでは常識のホワイトニングテープの効果と使い方
美容歯科先進国のアメリカでは常識となっているホワイトニングテープの効果と使い方、購入するための方法について紹介しています。
市販でダイソーなどでも購入できる歯の消しゴムはオススメ?口コミも紹介!
自宅で歯を白くする方法としてダイソーなどの100円均一や市販で購入できる歯の消しゴムは本当にオススメなのか?口コミや歯を白くする効果について紹介しています。
海外で話題のホワイトニングペンの使い方とオススメ商品
アメリカなど海外で話題のホワイトニングペンの使い方や薬局、楽天市場の通販などの購入場所、ホワイトニングペンのオススメ商品とその口コミについて紹介しています。
歯を白くする歯のマニキュア人気商品の口コミを紹介
歯を白くする歯のマニキュアのメリットデメリットやオススメな人、人気商品とその口コミについて紹介しています。
活性炭で歯を白くする方法の効果や口コミ、安全性は?
最近SNSで話題になっている歯を白くする方法が活性炭を使った歯磨きです。こういった方法の中には都市伝説のようなものや実際には効果がない、デメリットが大きい方法もあるのですが、活性炭はどうなのか調べてみました。