ホワイトニングペン オススメ

MENU

アメリカを始めとする海外で人気のホワイトニングペンの効果とは?

自宅でできる歯を白くする方法としてホワイトニングペンを使ったホワイトニングも人気です。
当サイトで紹介している「アメリカでは常識のホワイトニングテープの効果と使い方」でも少し触れているのですが、ホワイトニングペンも日本で販売されているホワイトニングペンとアメリカなど海外で販売されているホワイトニングペンでは効果が異なります

 

 

アメリカで一般的なホワイトニングペンは過酸化水素や過酸化尿素の漂白効果によって歯を白くするという効果があるのですが、日本では過酸化水素や過酸化尿素が一定以上の濃度を超えると市販することができないので日本で販売されているホワイトニングペンは食品添加物として指定されている漂白剤でもある「亜鉛酸ナトリウム」の効果によって歯の表面の着色汚れを落とすという商品が多いです。

 

 

亜鉛酸ナトリウムは確かに漂白剤なのですが、過酸化水素や過酸化尿素と比べると漂白作用は弱く、また含有量も少ないのが特徴です。なので、アメリカなど海外で使用されているホワイトニングペンの効果を試したくて日本で販売されているホワイトニングペンを使っても同じ効果は得られないということです。

 

 

ホワイトニングペンを使用する際はアメリカと日本で販売されている商品の効果の違い、これをまずは知っておいてから商品選びをしていきましょう。アメリカのホワイトニングペンは上記のような理由で日本では薬局や通販でも購入することはできないので、ここから先は日本で販売されている薬局でも購入することができるホワイトニングペンについてより詳しく紹介していきたいと思います。


ホワイトニングペンの使い方

日本で販売されているホワイトニングペンはスティックタイプで両端が1液と2液のように分かれていて、使い方は1液の後に2液を重ね塗りして時間を置き、ブラッシングをします。ホワイトニングペンの使い方で注意点としては、ホワイトニングペンを塗る前はタオルなどで歯の表面の水分を軽く拭き取ること、放置して落とす時は歯磨き粉を使わずに水でブラッシングをすることです。

 

海外で話題のホワイトニングペンの使い方とオススメ商品

 

これを毎日2回行うことで歯を白くするというものです。
放置時間や1日の使用回数などの部分はホワイトニングペンによって微妙に使い方が違うので使用の際にはその商品の取扱説明書にしたがって使うようにしましょう。

 

使い方自体はとてもシンプルですが、スティックタイプとなっていてもペン先が太かったりして歯と歯の間の汚れは塗りにくく、着色汚れが落ちないといった口コミもありました。

ボディマジックとブライトスティックどちらがオススメ?

日本のホワイトニングペンの場合、商品販売ページにあるような劇的に歯を白くする効果は期待できませんが、持ち運びが楽にできたり、部分的な着色汚れのケアには役立つと思います。

 

オススメの商品というか日本で販売されているホワイトニングペンで人気の商品は2つです。

 

ナチュラルホワイト社の「ブライトスティック」とジェイティービーネットワークの「ボディマジック」です。ちなみにこの二つのホワイトニングペン、配合成分が全く一緒です。(笑)

 

※どちらも現時点での楽天市場の最安値のショップです。

 

 

ボディマジック全成分

STEP1:水(溶剤)、亜塩素酸Na(洗浄剤)、キサンタンガム(粘結剤)、カラギーナン(粘結剤)
、安息香酸Na(保存剤)、メチルパラベン(保存料)、プロピルパラベン(保存料) 

 

STEP2:水(溶剤)、グリセリン(湿潤剤)、カルボマー(安定剤)、ポリソルべ―ト20(可溶化剤)、
クエン酸(pH調整剤)、香料(ミントタイプ)、メチルパラベン(保存料)、水酸化Na(pH調整剤)

 

 

ブライトスティック全成分

【Step1】
水(溶剤)、亜塩素酸Na(洗浄剤)、キサンタンガム(粘結剤)、カラギーナン(粘結剤)
、安息香酸Na(保存料)、メチルパラベン(保存料)、プロピルパラベン(保存料)
【Step2】
水(溶剤)、グリセリン(湿潤剤)、カルボマー(安定剤)、ポリソルベート20(可溶化剤)、
クエン酸(pH調整剤)、香料(ミントタイプ)、メチルパラベン(保存料)、水酸化Na(pH調整剤)

 

化粧品の扱いになるので配合量を知ることはできませんが・・・。
同じホワイトニングペンなのである程度成分が被るのはわかりますが、ここまで全く一緒というのは珍しい気もするので個人的にはほぼ同一の商品なのではないか?と思っています。(笑)

 

 

両者の口コミを調査してみると、ブライトスティックのほうが良い口コミが多いようにも思えますが、値段でみると販売サイトによって違いますがボディマジック約2000円ブライトスティック約3500円なのでボディマジックのほうがオススメかなと思います。
(もしかしたらブライトスティックのほうが亜鉛酸ナトリウムの配合量が多かったりするのかもしれませんが・・・)

歯のホワイトニングペンのまとめ

ホワイトニングペンの口コミを見ると、ある程度ホワイトニングペンの効果を事前に知っていて、歯科医院でのホワイトニング後のメンテナンスや日常生活での着色汚れを落とす意図でホワイトニングペンを購入している人は口コミでも満足度が高く、逆に販売ページにあるような「劇的に歯が白くなる」という効果を期待していればいるほど使用後の歯の白さに物足りないという評価をしている人が多いのかなと思います。

 

 

個人的には亜鉛酸ナトリウムは調べてみればみるほどちょっと安全性が怖いですね。
塩素系洗剤を歯に塗るようなものだとか、使ったら口臭がキツくなったなど・・・。
値段も決して安くはないのでそれだったら効果や安全面を重視して歯のホワイトニングジェルを使ったほうがよっぽど満足できるんじゃないかなと思いました。

 

歯のホワイトニングジェルに関してはこちらの記事「研磨剤なしでも着色汚れを落とせる歯磨き粉」で効果やオススメの商品などを紹介しているのでよかったら参考にしてくださいね。

 

ちなみにアメリカを中心とした海外で使われているホワイトニングペンは個人輸入代行で購入することができますが、以前はオオサカ堂で取扱いがありましたが現在は取扱終了しているようです。他にもいくつか私も使ったことがある個人輸入代行サイトを調べてみましたがホワイトニングペンは取り扱っているところがなかったのでもしかしたら個人輸入で購入するのは難しいかもしれません。

 

関連ページ

歯を白くする市販で人気のホワイトニング歯磨き粉を調査
市販で人気になっている歯を白くするホワイトニング歯磨き粉を調査してみました。市販のホワイトニング歯磨き粉は手に入れやすい・価格が安いというメリットがあるので自宅で手軽に歯を白くする方法を試したいという方は参考にしてくださいね。
重曹を使ったホワイトニングは危険?やり方と口コミについて
重曹を使ったホワイトニングは本当に危険なのでしょうか?重曹ホワイトニングのやり方と実際にやっている人の口コミについて調べてみました。
研磨剤なしの歯磨き粉ホワイトニングジェルの効果と人気ランキング
研磨剤なしで歯の着色汚れを浮かせて剥がすホワイトニングジェルの効果と人気商品のランキングを紹介しています。削らずに歯の黄ばみを落としたい方はこの記事を参考にしてくださいね。
ホワイトニング効果のある歯磨き粉の使い方と選び方
一般的にホワイトニング効果のある歯磨き粉にはどのようなタイプの歯磨き粉があるのか?その使い方と選び方について紹介しています。海外のホワイトニング歯磨き粉の購入の仕方も紹介しています。
貼るだけ!アメリカでは常識のホワイトニングテープの効果と使い方
美容歯科先進国のアメリカでは常識となっているホワイトニングテープの効果と使い方、購入するための方法について紹介しています。
市販でダイソーなどでも購入できる歯の消しゴムはオススメ?口コミも紹介!
自宅で歯を白くする方法としてダイソーなどの100円均一や市販で購入できる歯の消しゴムは本当にオススメなのか?口コミや歯を白くする効果について紹介しています。
歯を白くする歯のマニキュア人気商品の口コミを紹介
歯を白くする歯のマニキュアのメリットデメリットやオススメな人、人気商品とその口コミについて紹介しています。
活性炭で歯を白くする方法の効果や口コミ、安全性は?
最近SNSで話題になっている歯を白くする方法が活性炭を使った歯磨きです。こういった方法の中には都市伝説のようなものや実際には効果がない、デメリットが大きい方法もあるのですが、活性炭はどうなのか調べてみました。