重曹 歯の黄ばみ

MENU

歯を白くする方法で重曹を使うのはダメなの?

歯を白くする方法で昔から重曹を使って歯磨きをするのがいいと言われています。自宅で歯を白くする裏ワザなんて言われていたりしますよね。

 

重曹炭酸水素ナトリウム)は普通にスーパーなどでも手軽に手に入れることができますし、値段も安いので取り組みやすい方法でもあります。

 

また、料理や掃除など幅広い用途にも利用することができるので効果に期待もできそうです。

 

まず、なぜ重曹を使ったら歯の黄ばみを落とすことができるのか?というと歯の表面に付着した着色汚れが重曹を使って擦り落とすことができるからです。

 

つまり、クリーニング効果が期待できるということですね。
確かに、キッチンの油汚れの掃除にも使われるぐらいですから重曹の研磨力は強いです。


重曹で歯を白くする裏ワザとは?

では、重曹を使って歯の黄ばみを落として歯を白くする方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
重曹を使った歯を白くする方法は主に2つのタイプに分かれます。

 

@重曹歯磨き
A重曹うがい

 

【重曹歯磨きのやり方】

ではまず重曹歯磨きの方法から見ていきましょう。
重曹歯磨きをする際はまず重曹を使って歯磨き粉を作るところから始まります。
使用する重曹は食用が安全だと言われています。

 

重曹歯磨き粉は水と合わせて作るパターンとグリセリンと混ぜて作るパターンがあります。
水の場合は重曹大さじ1杯に水を適量、グリセリンを使う場合は重曹とグリセリンを2対1の割合で混ぜ合わせます。
どちらでも良いですが、重曹歯磨きを実際にやったことがある人はグリセリンを使ったほうが若干歯磨き粉っぽくなるそうです。

 

重曹歯磨き粉を作ったらそれを歯に塗り、少し放置してから歯磨き粉で磨いていきます。
10分ほど放置する人もいますが、重曹歯磨きは海水を飲んでいるように口の中がしょっぱくなるのであまり長時間放置するのも考え物です。
放置したら歯ブラシを使って歯磨きをしたら重曹歯磨きは終了です。

 

【重曹うがいのやり方】

重曹うがいもやり方はさらに簡単です。
まず重曹水を作りますが、500mlの水に対して重曹を小さじ1杯(約3g)入れてよく溶かします。
あとはその重曹水を使ってうがいをするだけです。

 

重曹歯磨きは主に歯の表面の着色汚れを落とす役割で行いますが、重曹うがいの場合は口臭予防や虫歯リスクの低減を目的として行う人も多いようです。

 

以上が重曹を使って歯の黄ばみを落とす重曹歯磨きと重曹うがいの方法ですが、注意点として単純に重曹は塩分でもあるのでやりすぎると塩分過多になってしまう可能性があります。歯磨きもうがいも重曹を飲みこむわけではありませんが、口の中に少しずつ残ってしまう可能性も考えられます。

 

 

そしてもう一つ、研磨力が強すぎることが歯にとっては重大な問題となります。


重曹の研磨力は歯を傷付ける原因になる!

重曹を使って歯磨きをすると、クリーニング効果によって着色汚れが落ちるので実践する前と比べたら歯が白くなっているように感じるかもしれません。

 

しかし、同時に歯の表面が傷ついてしまいます。
目には見えないかもしれませんが、研磨することで歯の表面にできた細かな傷には着色汚れの原因となるステインが付着しやすくなります。つまり、着色しやすい歯になってしまうわけです。

 

 

そこでまた重曹を使って付着した黄ばみを落とそうとすると・・・
歯の表面どころか歯全体がどんどん傷付いていってしまいます。

 

 

歯医者さんのクリーニングでも重曹のような研磨成分を使って着色汚れを落とす機械も使われることがありますが、それはあくまでも歯の再石灰化によって元に戻る範囲で使用されます。(それでも表面には凹凸ができて着色汚れが再付着しやすくなるので避ける人も多いです)

 

 

重曹を使って歯の黄ばみを落とすということは、家庭にあるものを有効活用して歯を白くする裏ワザのように見えますが、あなたが普段使っている歯磨き粉にも重曹や同じような研磨成分は普通に配合されています。別に重曹だけが特別凄いわけではありません。歯磨き粉のメーカーは研磨剤とか研磨成分と表記すると売れないことを知っているので成分表記には清掃剤などと書かれているので見つけてみてください。

 

 

つまり、今使っている歯磨き粉で落ちない歯の黄ばみが重曹を使ったからといって劇的に落ちるわけではありません。確かに重曹をそのまま使って濃度を濃くすることで重曹は粒が大きいので研磨力が多少は増すかもしれませんが、それは同時に歯の表面を削る力も強くなるということでもあります。

 

最近は自宅でできるケアであれば歯の表面の着色汚れを浮かせて落とすタイプが人気で、研磨成分を使用した方法は敬遠されがちです。

 

【参考記事】
研磨剤なしで歯の黄ばみを落とすホワイトニングジェルの人気商品

 

また、歯医者さんで推奨されている歯科専売品の歯磨き粉も大抵は研磨剤なしか低研磨の歯磨き粉です。重曹を使った歯を白くする方法はデメリットのほうが多いと思いますが、どうしてもやりたい場合は歯の再石灰化を促進するフッ素配合の歯磨き粉やマウスウォッシュを併用するといいでしょう。

関連ページ

苺を使った歯磨きで歯を白くするぐらいなら普通に食べたほうが全然マシ
苺を使って歯磨きをすることで歯を白くする方法というのがありますが、実際にどのような効果があるのか、なぜやってもあまり効果がないのかについて紹介しています。
お酢で歯を白くするのは本当にやめたほうがいい理由
歯を白くする方法としてお酢を使った方法は誰でも手軽に自宅で実践できますが、ホワイトニングどころか歯にとって良くないことが起こる可能性が高いので安易に手を出すのはやめたほうがいいでしょう。
歯を白くする方法でバナナの皮を使って歯磨きをしても歯は白くならない理由
歯を白くする方法としてバナナを皮を使って歯磨きをするという方法がありますが、バナナの皮を使っても歯があまり白くならない理由について紹介しています。
メラミンスポンジで歯を磨くと大変なことになる?
メラミンスポンジで歯の着色汚れを落として白くするという方法がありますが、歯はキッチン回りやタイルのように頑丈ではないので絶対にやめたほうがいいでしょう。