酢 歯を白くする

MENU

お酢で歯を白くすることはできるのか?

自宅で歯を白くする方法として噂レベルの定番となっているのがお酢を使って歯を磨くことでホワイトニング効果があるという方法があります。

 

お酢というと「穀物酢」「米酢」「すし酢」「ポン酢」などいくつか種類があり、少しでも料理をするという方であれば自宅に置いてある身近なものです。

 

 

なのでお酢を使って歯を白くすることができるならすぐにでもやってみようと思うかもしれませんね。

 

お酢には歯を白くする成分が含まれている、口の中の殺菌効果がある、歯石を除去する効果があるというサイトもありますが、一体どういう仕組みで歯が白くなるのでしょうか?

 

 

このようなサイトは理由だったり、具体的な有効成分などが書かれていることはありません。
せいぜい家庭用の汚れ落としに使われているから歯の汚れも落とせるという程度です。
口の中の汚れと住宅の汚れを一緒にしてはいけません。

 

挙句の果てにはお酢を使ってマウスウォッシュやお酢と重曹を混ぜて歯磨きをすると歯が白くなくなんて言っているものもあります。

 

お酢で歯が白くなるというのはお酢の酸によって歯の表面が溶けている状態でそこに光が乱反射することでテカって(白く)見えているだけです。

 

 

もちろん着色汚れが落ちるわけでも歯が漂白されているわけでもありません。
そのテカって見える効果もすぐになくなります。


お酢の酸が歯を溶かして最悪のケースになることも・・・

健康のために毎日欠かさずお酢を飲んでいたAさん。
ある日奥歯の痛みが気になって歯医者に行ってみると奥歯のエナメル質は溶けていて、歯の内部の象牙質が剥きだしの状態になっていたそうです。

 

 

具体的にどのような状態になるか、「酸蝕歯 画像」と検索してみるといいでしょう。
酸蝕歯はお酢に限らず酸性の強い食べ物や飲み物によって歯の表面が溶けてしまった状態で
これが進行すると、知覚過敏や虫歯のような痛みを引き起こします。

 

ただ、食べ物であればしっかりと咀嚼(そしゃく)することで唾液が分泌されるので唾液によって酸が中和されたり、歯の再石灰化を促すことになるので歯が溶けるのが嫌だからといって酢の物を食べないというのは極端ですが、飲む場合は唾液の分泌が少なくなるので口の中に酸が広がりやすい状態となります。

 

 

もちろん、1回行っただけで歯が溶けるということはありませんし、お酢は健康のために飲んでいるという人もいると思いますが、少なくとも歯を白くするという目的でお酢を利用するというのは無意味な上にリスクが高いのでやめたほうがいいと思います。

 

 

お酢を飲む場合はストローなどを使ってできるだけ歯に触れないようにする工夫が大切です。
自宅で歯を白くする方法はお酢を使わなくても色々あるので参考にしてみてください。

 

【参考記事】
歯を白くする市販で人気のホワイトニング歯磨き粉を調査
研磨剤なしのホワイトニングジェルの効果と人気ランキング

関連ページ

苺を使った歯磨きで歯を白くするぐらいなら普通に食べたほうが全然マシ
苺を使って歯磨きをすることで歯を白くする方法というのがありますが、実際にどのような効果があるのか、なぜやってもあまり効果がないのかについて紹介しています。
歯を白くする方法でバナナの皮を使って歯磨きをしても歯は白くならない理由
歯を白くする方法としてバナナを皮を使って歯磨きをするという方法がありますが、バナナの皮を使っても歯があまり白くならない理由について紹介しています。
重曹を使って歯の黄ばみを落とすのはダメなの?
重曹を使って歯の黄ばみを落とす方法は昔からありますが、なぜ歯を白くする方法として重曹を使うのが危険なのかについて解説しています。
メラミンスポンジで歯を磨くと大変なことになる?
メラミンスポンジで歯の着色汚れを落として白くするという方法がありますが、歯はキッチン回りやタイルのように頑丈ではないので絶対にやめたほうがいいでしょう。